AIR-J'史

映画と映画祭と映画館と演劇とじゃがりこと旅行とライブが好きな札幌生まれのAIR-J'の記録

誕生日13日前

とうとう9月の終わりになってしまった。
淡々と過ぎゆこうとする日々の中で先日の出来事から本格的な焦りが出始めたが、数時間前にそれを払拭する為にはどうすべきか見つかりそうにもなってきた。
また、今この記事を書いてひと眠りしてから更に何かを発見できたらと思う処へ参加してくるので、有意義にしていきたいところだ。

負けてらんねぇ。

*****

【2007年10月13日(土)の日記】
※個人名、団体名の一部は伏せます。

本当は夜更かしして日記を書こうと思ってたけど、無理でした(笑) でもちょいと早く起きてしまって、眠い…。 今日はバイトから始まり、予告編上映会に行き…ってな感じになる予定です。
映画に関わるとき、自分がバイであることを堂々と言えるとき、高校の仲間といるとき・・・ 前の日記でも書いたけど、そういうときにidentityがなされ、それ以外の時は自分でない気がする。でも、identityというものが全く無いよりはマシだと思う。感謝。
みんなありがとう。 10月8日では教会の青年会で祝ってもらった。 ○○、△△、◇◇…そして××さんからメールをもらった。 今年はちゃんと過ごせそうだ。昨日の1限はストレスをためないよう遅刻確実のために自主休講したけどw
ありがとう。 ほんとうに。 神様。ここまで生きさせて下さり、ありがとうございます。
 21歳になりました(17:45に生まれました)

*****

2016年7月10日(日)の日記でも書いたけれど、2007年から映画館のアルバイトを始めて、更に自分の進む方向が固まった気がする。
今更になって茨に嵌るとは思わなかったけれど、興味の基礎固めはしたからこその強みはあるっちゃぁある。

自分探しとはよくいったもんだ。自分なんて一生探せそうな気がしない。だけれど、自信というものが全くないともいえない。変な負けん気とナルシズムはこの頃より方向性を見出してきたのであろう。
そのお陰で自傷なんてせずに済んだのだろう。

広告を非表示にする