AIR-J'史

映画と映画祭と映画館と演劇とじゃがりこと旅行とライブが好きな札幌生まれのAIR-J'の記録

誕生日5日前

昨日は久々にオフで昼までゆったりして、それからお風呂に浸かって上白石萌音の『chouchou』というアルバムを聞いてた。


上白石萌音 The Favorite Songs vol.1 「奏」

ちなみにこの曲はアルバムに入っていないけれど、アカペラでの彼女の歌の素晴らしさが実感できると思う。
8月26日に公開した『君の名は。』が10月に入っても大ヒットしているが、自分はピンときていないことをここで正直に告白する。詳細は割愛するけれど。
だが、彼女の声は本当に心地良い。

お風呂に浸かってのんびりするには実に良い。もうこれでもか!…というくらいの解放感が昨日は有って、彼女の唄に癒されてながらまったりしていた。

****

2010年10月13日(水)は一切Twitterを使わなかった。というより使わないと前日に決め込んでいた。

折り畳み自転車で、当時宇都宮に住んでいるという高校時代の友人を訪ねるために11時30分頃から出発した。頼るのはスマホの地図アプリ。
食欲を満たすためにちょっとコンビニは立ち寄ったりはしたがほぼ休憩無し。夜は暗くて道が舗装されていないところで派手に前のめりに転んで怪我もした。

宇都宮に着いたとtwitterしたのは翌日の午前1時36分。
ただ、友人ときちんと予定を擦り合わせていなかった為連絡がつかず(後日判明したが自宅にはおらず出張中だったとのこと)、結局ガストで3時間ほど夜を明かし、朝7時に出発して戻ることにした。
ただし、スマートフォンを充電する場所が見つからなかったので電池が切れ、地図アプリが使えないので、記憶と行先案内の看板を頼った。

自慢ではないが方向音痴ではないので、なんとか無事に帰宅。

折り畳み自転車であったこともあり、誕生日翌日は尻と脚がもう痛くて仕方がなかった。

*****

無茶はやりたいと前々から決めていた。やるからには何も頼らず、誰かに計画も言わず、翌日公表する。

この年は大学を留年をして、そして9月には映画館のアルバイトで理不尽なクビ宣言をされていた。だから…というわけでもないけれど、負のエネルギーが溜まっていたからそこがある種の機動力ともなったのだろうと思う。

今度はちゃんとした自転車を買ってもっと遠くへ行ってはみたいが、お金がやや自由に使えるようになった今、移動手段の楽なものに頼ってしまいそうな気もする。

*****

何かに挑戦したい、と言う気持ちは今でもある。どこか行きたい、知らない人と会って話してみたい、退職前にひっそり自撮りしたい。
…事前に誰にも言わずに(またはごく限られた人にだけ言う)やるのは楽しい。ひっそり計画を立て、やってから当日・後日に公表して承認欲求を充足させる。かなりの幸福である。
そうでなくても自分の思い出のネタとしての充足はある。

さて、今年は何か面白いことに挑戦できるだろうか。

まだ、思い切ったことはしていない気がする。