読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AIR-J'史

映画と映画祭と映画館と演劇とじゃがりこと旅行とライブが好きな札幌生まれのAIR-J'の記録

2016年の振り返りー7月ー

あと3日なので、ピッチを上げて振り返ります。自己満足だけどまあ別に良い。

*****

映画


「オフィス 檻の中の群狼」予告編

7月は新宿シネマカリテで行われた『カリコレ2016』の作品を3本観た。

今予告編を再度観て、やはり印象が残っているのは『オフィス 檻の中の群狼』かな、と思う。
相当のストレスを抱え込んで毎日出勤していたので、ある種の他人事でない感を抱いて、そんなに凝った作りでないのに気を落ち込ませた映画であった。



なぜか旦那が床下に隠れ…!映画『団地』予告編(ロングバージョン)

『カリコレ2016』以外で印象に残ったものといえば『団地』。タイトルが地味な上にパッと見ても引っかかるものが少なかったのでノーマークなのであったが、観てみたら意外すぎる展開になってたので、それが良いかは別として「おぉ…!」とは唸った。

団地という特性が持つ人間関係のいざこざというありきたりなものを、突飛に料理した点は評価したい。

7月は7本。6月より本数は少なくなってはいるが、優劣別として(例えば『HiGH&LOW THE MOVIE』とかは、ほら、あれ、ね…でも面白かったんだよ、いや、マジで、色々な意味で)面白いものばかり観た月であった。

映画館

先述したとおり、『カリコレ2016』にて新宿シネマカリテにお世話になった。ただし、通常興行の作品でも時折お世話になってるので何も7月に限ったことではない。

ラインナップがとても多彩なミニシアター。ただし、スクリーンの大きさや座席の配置などはやや劣る面があるのは否めないところではある。
しかし水曜日は全員1000円(他のミニシアターでも1100円なので100円安い)ので、それを狙って行くことがしばしあるのであった。


番外編として、7月8日(金)に、東京国立近代美術館フィルムセンターの7階展示室にて行われいた『写真展 映画館 映写技師/写真家 中馬聰の仕事』に行った。

詳しくは、7月10日(日)の記事を参照願いたい。

映画館に魅了された14年前。あれさえ無ければ、今の人生は別物だったのだろうなと改めて悟る展示。
そんな「もしもの話」をしたって仕方がないほど、14年ほぼずっと映画館にべっとり寄り添ってしまって生きている僕なのであった。

映画祭

先述した『カリコレ2016』が映画祭というならばこれくらいしかないけれど、映画祭と呼ばれたものは7月には行っていない。

演劇

7月は2本。
まずは、美貴ヲの劇『ブスも美人も死ねば土』
去年の緊縛夜話で緊縛と演劇を組み合わせたもので魅了された美貴ヲさん脚本・演出の公演。今回も女性の痛みがじんじん響くもので、男であってもかなり苦しく思えてしまう公演だった。

また、入場時正味30分間ずっと男女が濃厚なキスをし続けていて、じっと見ているにも観客側が恥ずかしくなってしまうという恐ろしい始まりであった。八木麻衣子さんという方は本当にいつ観てもお綺麗な方で、それでいてその眼力から何しでかすかわからない役を演じるので怖さもある役者である。

そういや、先日妊娠5ヶ月というご報告をなさってましたね。おめでとうございます。
そして、同い年だということ、さっき知りました・・・

*****

もう1本は劇団普通劇団どろんこプロレス合同公演『あの娘の町には行かない』
場内案内係として参加もした。

前者は2016年5月の振り返りでも述べた好きな劇団。後者は7年前から度々スタッフとして参加したりしてる劇団である。
組み合わせとしては、かなり毛色の異なる劇団なのでどういうコラボレーションが起こるか楽しみであったが、二つの劇団から生まれた作品2本はなんとも不思議なものであった。

劇団普通の石黒麻衣さんは脚本は当然のごとく、演じる役者としても実に不思議な魅力を持っている。どろんこプロレス演出の作品での石黒さんの可笑しみは、恐怖と爆笑を同時に出してくるので困惑しかないあのラストがなんとも良かった。

2日目は丸一日、初日と3日目は仕事終わりのスタッフ参加で、全体的には関われた時間は短かったけれど、なんて至福な3日間であっただろうか。

ライブ

7月はライブには行っていない。

旅行

7月31日(日)~8月2日(火)まで広島へ行ったが、8月がメインなので8月の振り返りに回す。

仕事

7月上旬、とうとう60kg切る体重になってしまった。標準体重からも減っていることもそうだし、健康診断で提出する書類にある「この1年で3kg以上の体重の増減がありましたか?」のチェック項目に初めてチェックする減少っぷりなのであった。
しかしながら、この頃あたりからGWという繁忙期の経験は上手く生かし、夏休みという繁忙期の再来でも上手く動けるようになってはきたと思われる。

その他のプライベート

7/23(土)、友人とその姉・友人・恋人などなどと一緒に足立花火大会で花火を観た。自分は仕事帰りだったので開始ぎりぎりに到着をしたけれど、なんとか1時間たっぷり花火を楽しむことができた。
夏を楽しむことが好きになってきたものの、なかなか毎年は出来ずにいて、今年は特に仕事の関係でそれが叶わないかもしれなかったので、時間ができたのとお誘いをいただいたのは本当に嬉しかった。誘ってくれた友人には感謝しかない。

浴衣も初めて買った。周りと同化したくなくてやや派手な赤の着物にし、どことなく大衆演劇の何かに見えなくもない雰囲気ではあったけれど、着る機会ができて良かったと思っている。

今年はこの1回しか見せる機会がなかった。来年はまた着られるイベントに行けるだろうか・・・

そういや、初めて着物の帯の結び方なるものを知った2016年7月なのであった。