読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AIR-J'史

映画と映画祭と映画館と演劇とじゃがりこと旅行とライブが好きな札幌生まれのAIR-J'の記録

応援しているイベントのクラウドファンディングです。 企画成功の為にご興味のある方は是非是非ご協力お願いします!

2017年5月5日(金)、6日(土)@生駒高原

blogを開設してから2年が経った

2017年1月9日付でこの『AIR-J'史』なる自分史blogが2年経ったそうな。
初めは記録のみにしようとしたけれど、たまに140字で書ききれない自分の思いの丈を書き殴る記録も書きたいと思ったので雑記も書いて、それが2015年1月20日なので、それからも2年がとうに経ったことにはなる。

2016年4月からは仕事が変わって140字じゃ収まりきらない思いが増えすぎて更に書く記事が増えたように思える。

秋以降に不安や緊張からは払拭され、余裕と、前々から実は持っている負けん気がまた徐々に表に出つつあるなと感じている最近。
しかしある種の不器用さと、大勢の前でのコミュ力の低さは相変わらずなのでどうもそこはネックになってる感も否めない。

相変わらず前の職場との付き合いは切り離されてはいない。
少し遠のいてはいるが、この前シンポジウムに参加し、そのあとの内輪の打ち上げにしれっと参加させてもらって、ある種違和感なく溶け込んでしまった。

明日は前の職場へ行くことになっている。

*****

今の職場での前の職場の知名度の低さを嘆いたことがあったが、前の職場で今の職場の内情を話すと、実は知られていない事が多いこともわかった。つまりは同じフィールドなはずなのに相互理解が出来ていないんだな、とひしひしと感じられてしまったのであった。

これはシンポジウムで話を聞いてた時も感じたことで、このシンポジウムでも様々な立場の人から話がなされていたが、この人たちですらパネルトークで聞いてる限りだと協力体制が整うまでにはとてもとても時間がかかるのだと感じたのであった。

・・・twitterでもこの雑記でも具体的な内容を書くことが出来なくてつらい。
ど偉い立場にでもなれば今までした仕事・今の仕事についてめちゃくちゃ具体的に書いていきたいと思ってはいるのだ。

*****

昨日は今の職場での呑みではあったが、楽しかったけれど、まだ物足りなさもある気はした。自分のダメさも勿論あるけれど。

さて、書きたいことが抽象的にしか書けなくなってしまっているので、このへんで止めておこうとする。
今日は文字通り書き殴ったという感じで雑記を書いてしまった。