AIR-J'史

映画と映画祭と映画館と演劇とじゃがりこと旅行とライブが好きな札幌生まれのAIR-J'の記録

誕生日11日目-2017

9/29(金)

仕事が休みだったので、前の職場でこの日が最後の人の送別会という名の吞みに参加するため、昼から行った。
久々だったため、停車駅が各停しか止まらないことをすっかり忘れていて快速に乗ってしまい、折り返しの乗り換えをしたので時間のロスをしてしまった。

f:id:airj15:20171002201337j:plain

10月下旬に行われる上映会のために、モニュメントに手製の飾りがあった。こういうのが得意な人が毎回やっていたので、継続してるんだなぁ、というのがなんとも嬉しい。

送別会という名の吞みに参加しない人のために、彼らも含めて休憩時間を使ってまずはお好み焼きパーティ。
食った食った・・・

そして、夜勤な上に眠れてなかったので、僕は退勤時間まで2時間ばかし爆睡させてもらって、そして、送別会という名の吞みに参加した。
計6名で。

そーいや、顔が痩せたと言われてしまった。
体重が一番落ちてから6kg増やし、むしろ退職時よりも+2kgになってる状態であるのだが、顔がふっくらするわけではないらしい。そう言われればそうかもしれないが、ちょっとショックな気もした。
夜勤続きで疲れが見えてたのもあるかもしれないが…

前の職場のとても自由で和気あいあいな空気にとても懐かしさを覚えたが、1年前のような強烈な戻りたい欲はもう薄れていた。
成長したのだと思いたい。

退職していく方は、僕がよく知ってる処への就職が既に決まったとのことだ。
頑張ってもらいたい。
しかしながら、業界という意味では結局は同じなのだな、とも感じたのであった。自分もだけれど…。

9/30(土)

時間が有った故に色々と調整をしていた日だった。そして、この日を境にがらりと自分が置かれる環境が変わるのだと感じざるを得ない一日でもあった。

10/1(日)

仕事に着る服一つで心持ちも変われば、バイトやパートの人から見られる目も変わる。この日はいつもとは違う仕事と、そして引継ぎとでかなりの時間を費やした一日だった。

心持ちが変わったとは言っても、まだその一日目であって、実感らしいものは少ない面もある。
でも、責任はより一層持たなくてはいけなくはなってしまったのも、ひしひしとは感じていたのであった。

**********

10月からの変化が、実は9/29(金)の朝まで聞かされていなかったというのがある。
かなりの突然感は否めない。

戸惑いと、嬉しさが半々。

仕事だけでは体がもたないだろうし、でも遊びの予定を詰めすぎるとそれはそれで辛くなるしで、10月はかなり余裕をもったスケジュールにはした。
さあ、どうなるんだろう。
そうこうしてるうちに、自分の歳も、変わる。