AIR-J'史

映画と映画祭と映画館と演劇とじゃがりこと旅行とライブが好きな札幌生まれのAIR-J'の記録

断酒1ヶ月達成

3/3(土)から密かに断酒1ヶ月を決行していた。
2年ぶりの断酒1ヶ月で、2年前は急性アルコール中毒で一晩入院をしてからの断酒1ヶ月だったが、今回は完全なる自主的なもの。

airj15.hatenablog.com

最近、疲れたな~、映画観て楽しかったな~、今日の吞みは楽しかったから更に酔っちゃおう~…などなどの理由で、前の職場で働いていたときより、更に言えば昇進してからがかなり飲酒の機会(家で一人吞み)が多くなり、アルコール摂取量が増えた。
なので、一旦リセットしたくて始めた。

過去の酒の失敗

ここで過去のことを思い出してみた。
急性アルコール中毒で入院したのがピークで、それ以降は悪酔いすることあれどそこまで酷いものは無くなった。
しかしながら、急性アルコール中毒になる前はかなり色々なことをやらかした。

  • ゴミ集積場で朝を迎える
  • 公園で朝を迎え、財布とケータイを無くす(ちゃんと交番に届けられてました)
  • コケたのを覚えておらずに帰宅、就寝。起床後、どうも頬が痛いなと思ったら布団下のマットに傷口が張り付いており、鏡を見たら頬がパックリいってた。(あれはホント酷かった)そのままの状態で頬にガーゼ等も貼りもせずジムに行ったりもした。(そりゃスタッフから驚かれた)
  • 電車で寝込んでしまい昼過ぎまで何度も往復して仕事に遅刻する

etc.

ちなみに、話下手な自分がコミュニケーションを取る手段としてのお酒が有効であったりするため、初対面の方であっても関係なく酔うし、記憶無くすし、迷惑をかけたりもした。
ほとんどの人がそんな僕を見捨てずにその後も付き合いを続けてくれたりするので、もう永遠に感謝しっぱなしである。

通常の酒の量

通常時だとストロングのロング缶×2~2.5
(外食での吞み放題だとこれ以上にはなる)
f:id:airj15:20180402182642j:plain
あながち嘘ではない僕が一人家吞みする光景に似ている。

あと、去年札幌のゲイバーでやったけれど

airj15.hatenablog.com
カクテル→日本酒→スピリッツショット(96度のアルコール…!!!)→日本酒(隣の方が吞んでいたものを頂戴した)
テキーラショットで潰れたことも今のところ無い。
体調が良好なのと精神的セーブがあると記憶を無くさずに平気だったりはする。

スリップはしなかった

※スリップ…心理学用語で、 依存症者の依存行動の再発のこと。断酒をしていたアルコール依存症者が再飲酒することなど。

2年前の断酒1ヶ月の時もそうだったが、ツラさは無かった。
元々飲食に関しては決行するときの意志の固さはやや自慢で、子どもの頃、嫌いだったホタテやピーマンを、特に大人に言われるわけでもなく自主的に食べるのを嫌がらずに、食べられるようになった(むしろ好きになった)。
小学生の頃、健康診断でちょっと太ったな、と感じて給食のおかわりをぴたりと止めたら体重が2kg減ったこともあった。

居酒屋でキャンペーンでもらった煙草を、ほんの数日間自宅で飲酒→喫煙をしてたが(これ、ホント実に美味いんだな!悔しいことに!)、このままだとヘビースモーカー&ヘビードリンカーのダブルコンボになりそうで、ヘビードリンカーのみに留めておこうとタバコの残りは全て捨てたこともあった。

今回の断酒に関してはスマホのスケジュール帳に断酒〇日目と毎日表示させていた。
旅行時の一人酒の楽しみはコンビニでのノンアルコールビール&つまみで代替え、人との食事の際は、たとえ相手がお酒を飲んでいてもノンアルコールを貫いた。

気付いたこと

断酒生活の中での大阪旅行のときに手を出したノンアルコールビール、元々ビールはそこまで好きではないのでホンモノのビールの味などどうでも良くて、お酒の代理としては充分な味だった。それ以来リピートした。

  • カクテルテイストは甘い。

ストロング缶を飲む人生な人からすりゃあ普通のカクテルでも甘いと感じるので、そりゃ甘かった。唯一ジンテイストは個人的満足を得られた。あれは再度飲みたい。

  • アルコール度数が多い商品が多くなってきている。

これはアルコールがそんなに吞めない人から「最近度数が高いラインナップが多くなってきてツライ」と言われて、改めてコンビニのお酒コーナーを見て、本当にそうだなと思わされた。
缶ビールでも8%が出てきた現代。酒好きにとっては天国だったから、気付きもしなかった。

  • ノンアルコールのラインナップは実は豊富だった

店に置かれてるものはほとんどがビールテイストであるが、検索してみるとネットで購入できるものは豊富だった。日本酒テイスト、焼酎テイストもあった。不評であるのがなんとも残念だけれど近々試してはみたい。
カクテルテイストももっと試したい。

  • 疲れに関しては特に変化なし

酒が無くたって疲れるものは疲れる。お酒での疲れだなと感じるものは確かに無くなったが、それ以外はあまり関係が無かった。
現に、3/31(土)は風邪をひき、帰宅後すぐ寝たら発熱でうなされた。翌日には治ったが。

**********

オチは無い。ただの自主企画なので。
そして、2年前の断酒生活の中で何回かあった飲み会の場でもノンアルコールを貫いてたので、スリップしてしまう依存症の方へのアドバイスにもならない。申し訳ない。

さて、今週の金・土と、久々に複数での吞みの予定が2件ある。
最近呑み会というものに行く機会がめっきり減ってるので(スケジュール的に)、果たして僕はどうなるだろうか。