AIR-J'史

映画と映画祭と映画館と演劇とじゃがりこと旅行とライブが好きな札幌生まれのAIR-J'の記録

4ヶ月の中での人間関係の変化

気付けば、以下の記事から4ヶ月が経っていたのだが、短い気がするこんな月日でも内容は濃い出来事がいくつもあって、変わってしまうものだな、とふと思った。
airj15.hatenablog.com

2年前~1年前まではblogやTwitterを読み返すと主に仕事のことで悩んでたことが多かったのに、安定し出すと今度は仕事とは全く別の人間関係で何かしらが起こるみたいだ。

感情を表に出すのが好きじゃないので、冷静だとか、無口だとか、あまり怒らないとか、まあそんな性格だとか自己分析してみたことあったけれど、まあそういう側面は無くはないけれど、思い出すと過去人間関係色々こじらせたことがいくつもあった。

というか中学生の頃くらいまではすぐ泣いたし、すぐ怒ってたし、めちゃくちゃ感情を表に出してた子だった。
封じたつもりで理論的に生きようとしても、簡単にそんなものが無くなるなんてことはどうやらないみたいだ。

いつの間にか深入りして、または相手へ深入りさせて、突き放され、突き放す。
酷いもんである。

今、一つずつ、いや、一人ずつエピソードだったり思ってることだったりを書いてやろうかと思ったりもしたけれど、ここは公の場ということもあるので、後で部屋に放り投げてるノートの日記にでも書き殴ってやろうかと考えてたりする。



mituteru66.hatenablog.com
mituteru66.hatenablog.com
mituteru66.hatenablog.com
mituteru66.hatenablog.com
最近神原さんの連載()が好きになってきて、この章の記事は何度も何度も読んでしまった。
"居場所"については以前彼も言及していたし、僕も言及したのだが。

模索してるようで、結局好きな映画のこと考えたらあれこれ模索してたのを忘れるタチであり、深いことを書けないでいるのが自分で自分が残念ではある。
以前書いた時は酒の勢いに任せて訳が分からなくなっていたが、今は素面というのに、だ。
実に残念ではある。

まあ、計画していることを水面下で具体的に少しずつ動かしているから良しとしよう。
9月はそれなりに面白い月にはなりそうだ。



そういや映画だけのことを言及するプラットフォーム、はてなブログで作ってみました。
8月終わったら書いてみようかと思います。
詳細は後程。

では。