AIR-J'史

映画と映画祭と映画館と演劇とじゃがりこと旅行とライブが好きな札幌生まれのAIR-J'の記録

誕生日当日-2018

職場にて色々なことに巻き込まれて、書きたいこともあったがややどうでも良くなってきて、そしたらいつの間にか誕生日当日を迎えてしまったのであった。
ただし、トラブルに巻き込まれても以前に比べたら上手くかわす能力を身に付けきてるので悩むことは少なくなってきた。
加えて、後輩や新しく入ってきた職場スタッフに対しての先輩・上司意識も、自己評価ではあるが高まってきているので成長したのではなかろうか。

変わってない点は、映画のことを四六時中考え、情報を集め、各SNSで発信してることくらいではなかろうか。死ぬまでそれはやってそうな気がしてならない。


ということで32歳になった。
0時00分というすごく気持ち悪いタイミングで、しかし毎年のことながら一番先に誕生日祝いのメッセージをくれたのは東京に転校前の故郷・札幌にて仲良くしていた中学時代の友人からだった。
家族や恋人や各SNSのフォロワーなんかよりも毎年ほぼ最初で、そのまめさに驚きつつも感謝している。

嗚呼、時間を見つけて札幌の旧友たちと会って酒でも酌み交わしたいものだ。

31歳最後の写真

2年前から毎年やっている誕生日企画。今年も行なった。
f:id:airj15:20181013034401j:plain
f:id:airj15:20181013034429j:plain
f:id:airj15:20181013034639j:plain
f:id:airj15:20181013034701j:plain
※以上4枚の撮影者は上間力也さん

f:id:airj15:20181013034909j:plain
f:id:airj15:20181013034808j:plain
f:id:airj15:20181013034938j:plain
※以上3枚の撮影者は片野智浩さん

声を掛けたのは上間力也さんと片野智浩さんのお二人。
きっかけは7月21日(土)に訪れたこの写真展。

milk-camera.hatenablog.com
そう、幾人かのこのblogの読者はご存知のりきまるさん含む4人のカメラマンが開催した写真展だ。

りきまるさんとは4月のブロガーオフ会なるもので初めてお会いしたが、そのとき写真撮影をしているということを知って密かに狙いを定めてたりした。
そして写真展を訪れた時に恐る恐る彼に依頼をし、と同時に片野さんにもメールを送り、それぞれ事前に一度個々で直接対面で相談をして異なるコンセプトを伝えた結果がこのとおりである。

2年前、1年前は撮影当日に自分の所縁のある場所を指定して来てもらったまでであとは赴くままに撮影してもらったが、今回は各々ある程度の事前準備を行ない、お金も使ってみたりして、そして撮影時間もある程度かけたりした。
僕には一銭の得にもなってないばかりか、ただただ浪費しただけだ。


airj15.hatenablog.com

この記事で書いたのはりきまるさんとの写真撮影のエピソード。
某オンラインショッピングでストロング缶350ml×224缶を買い込み、それらを運ぶ為の台車も購入、自宅から代々木公園まで運んでいったのだ。

こんな馬鹿げた企画を楽しめたのは撮影者が同じ酒吞みであるりきまるさんであったからであり、電車の段差で台車を持ち上げてくれた新宿駅での優しいお兄さんがいてくれたからであり、ユーチューバー文化が根付いてくれたお陰か公園で声を掛けてくれて面白がってくれた人たちがいてくれたからであり、余ったストロング缶を配布して声を掛けた際に面白がってくれた人たちのお陰であり、りきまるさんの呼び掛けで唯一来てくれたりきまるさんの友人のお陰であるのだ。


実は誕生日直前、Twitterのタイムラインでフォロイーさんのかっこいい写真が流れたり、目に見えたビジネスではないが面白いことをやり続けている人の報告が流れたりしてきて、軽い嫉妬を起こして落ち込んでたりした。

ああ、僕はそういや昔からどこかで目立ちたいんだな、と思い出した。
ああ、僕はそういや昔からどこか負けず嫌いだったよな、と思い出した。
ああ、僕は何かしらの表現者を目指しているのかもしれない、と悟った。

そんなこんなで、この誕生日企画はまた毎年続けるし、次回以降は違う手を打ちたいし、誕生日以外でも行なっていきたいと考えていたりする。

おしまい。

※Instgramでは今回撮ってもらった他の写真もアップしていく予定です。
www.instagram.com