AIR-J'史

映画と映画祭と映画館と演劇とじゃがりこと旅行とライブが好きな札幌生まれのAIR-J'の記録

誕生日当日-2019

※これは前日に書いて予約投稿したものです。

この一年で何か変わったことあったかなぁ、と振り返ってみたけれど、これといった特徴がないと感じている。
新しい街、新しい映画、新しい演劇、新しい友人(主にブロガーさん)…など相変わらず様々な出会いがあったにはあったんだけれど、精神が不安定になるようなことよりは安定することのほうが多いから”特徴のない”と感じるのかもしれない。いい傾向なのだろうか。

あとは以下の記事で書いたのだけれど、
airj15.hatenablog.com
ノンアルコールチューハイの箱買いを今でも定期的に続けていて、意図的に家吞みを0.00%にする回数を増やしてから投げやりになるのが少なくなってきているのも、安定した理由なのかもしれない。
というより、誰とも電話をせずに家で一人でアルコール入り飲料を久々に飲んだりしても楽しいと思えることが減ってしまっているのだ。
お酒は他人と吞むか、他人と喋りながら呑むほうが圧倒的に楽しい。


毎年恒例の写真撮影、今回もやった。
f:id:airj15:20191012100638j:plain
f:id:airj15:20191012100656j:plain
f:id:airj15:20191012100701j:plain
f:id:airj15:20191012100727j:plain
撮影者は山乃モトキさん。
2018年の時に撮影してもらった二人と一緒に写真展に参加していた方の内の一人である。
airj15.hatenablog.com
冒頭から言っているが、今年は精神が落ち着いているせいか自分のパッションが足りなくなってきてアイデアがなかなか浮かばなかった。

去年から撮影者とまずは会って話すことをしてから撮影してもらうという段階を踏むことにしているが、その時具体的なものは無かったため、まず彼は僕の話を色々聞きながらワードを拾い、メモを取ることをしていた。
そして、撮影日をまず決めたのだが前日まで全然考えがなく、なんとも浅はかな提案をしてしまい、「最初に聞いた話と違ってただの観光撮影になっちゃいませんか?」と言われてしまったのであった。

落ちこんだ。しかしながら事前準備さえもせずやりとりも怠ったままだった自分が確実に悪い。
そこから猛反省して、まずは撮影日を改めてもらい、今度は軽いロケハンを自らでしてみて、朝から撮影を決め込んでいたので前日に前乗りで撮影場所の近くのホテルで泊まったのであった。

晴れ男、雨男、などというものはあまり信じていないが、僕は旅行や記念日などで晴れの日が多い。
だが、今回の撮影では朝から雨が降っていた。

それでいて海での撮影、だ。
前回の室内とは異なって自然のまま苦労を強いられる。このとき海水の温度のほうが温かいと感じるほどちょっと寒く、震えさえした。
(一枚目をよく見ると顔が濡れているのは雨のせい)
だが、撮影者にも同様な思いをさせてしまっている。
ありがたさしかない。


自撮りを止め、三十代になってから始めて4年目になる誕生日撮影企画。
モデルでもない、アーティストでもない、写真展をやる予定も現時点で別にない、だけどカメラマンを要するので他人を巻き込まないとできない、この企画。
そして、貴重な時間を僕に割いてもらっていた今までの撮影者の方々を思い出すと、以下の記事で書いた
airj15.hatenablog.com
「そんなことタダでやってあげるよ」
ではなし得ない企画。

来年は、如何に。


Instagramではblog記事の写真以外もアップ予定。
www.instagram.com
自分の写真しか載せない方針は、変えないつもり。

そーいや、2015年からの写真を見ると、顔の骨格が変わったように思える。