AIR-J'史

映画と映画祭と映画館と演劇とじゃがりこと旅行と音楽が好きな札幌生まれのAIR-J'の記録

誕生日19日前-2018

書いては消し、書いては消しの繰り返し。
寝る前にとあるtweetを見てしまい、ちゃぶ台をぶん投げたい気分になった。

何回も書いてるけれど、仕事面ではほぼ順調だし、現在年下の子たちが圧倒的に多くなってるこの環境で楽しくって、そして彼らが愛おしくって、彼らが談笑している姿を見て心の中で微笑んでいるくらいだったりする。
別にプライベート面だって何か不満がある訳でもないし、こちらも順調ではあると思う。

なのに、やはり過去に囚われがちなんだなぁ、って悟る。
未練ありまくりの、ストーカー気質。
まだ、あの人の動向を常にチェックしている日々。


そういえば最近、断続的な断酒をしていたりする。
airj15.hatenablog.com
引用元を敢えて書かないけれど、

酔っ払って文章を書くと本音が出て来て、その本音がボクと似ているAIR-Jさんが好きだ。

…って過去に言われてすんごくテンションが上がったりした。
文章以外でも、酒を飲む場ではいつもより楽しくなるからか、そして周りに合わせずひたすら吞むからか、今の職場でも年下の子にそれなりに誘ってもらえるからとても嬉しい。

しかし、酒に任せないで刺激的なことを探すようにもしておかないとな…というのを模索し始めてたりはする。

ノンアルコールも、ビールはもちろん、最近はカクテル系も試すようにはなった。(元々ビール自体は好きではないからというのはある)
先に挙げた断酒1ヶ月生活をしてた記事ではジンテイストのノンアルコールカクテルが美味しかったと述べたが、その後ハイボールテイストのノンアルコールという個人的に好みのものも見つけたりもした。

「とりあえずビール」ならぬ「とりあえずハイボールな僕には及第点な味であった。
その一方、ストロング系も最近は味が豊富になってきて、というよりストロング系のラインナップが遥かに多くなってる気はするけれど、吞みやすいストロングが増えてきていて、それを試したりもしている。
先々週だと、
「キリン・ザ・ストロング ホワイトサワー」というものを吞んで、気に入った。想像してた通りの甘さ。しかし、500mlロング缶はすぐ酔える。当然だ、9%だもの。
…というわけで、0.00%と9%の行き来をしている。
間が7%くらいだろうか。3%とかは中途半端すぎて、振り切るならどっちか、ってところだ。

嗚呼、急にテキーラのショットが吞みたくなってしまった。