AIR-J'史

映画と映画祭と映画館と演劇とじゃがりこと旅行と音楽と酒が好きな札幌生まれのAIR-J'の記録

2020年6月の振り返り

2020年6月の映画興行の振り返りはこちら
airj15cinemaplay.hatenablog.com

映画

11本、内9本が配信。
既に映画館は再開しているが配信での鑑賞が多くなったのはEUフィルムデーズの作品を7本観たからだ。
いつもは国立映画アーカイブ(旧:フィルムセンター)での上映をしていて、かつて僕も数回だけ行ったことがあるが、それからなかなか観に行けなくなっていた。
今年はオンライン上映に切り替え、見やすくなったので観られるだけ観ようと思い、休みの日を利用して観た。
EU諸国についてなかなか知ることをしてこなかったし、あとはTwitterのフォロイーさんの影響でバルカン半島についても興味を示した時期でもあったので各国の歴史や現状を知ることができて大変有意義な機会を得た。


あと、Amazon Primeで観て面白かったのが『疑惑』。よく場面写真をネタとしてSNSで投稿しているのを見てたけれど、全編観てようやっとそのネタ元がわかってすっきりしたし、ネタとして使うに確かに面白い作品であることもわかった。
岩下志麻桃井かおりの掛け合いが大変面白い。完全に水と油で、最後まで意気投合するような感じでなく己を突き通すのは、この公開当時の時代とも相まって大変興奮したのであった。

演劇

3本。全て配信。
劇団どろんこプロレスは5月からの連作、ロロは4月、5月からの連作。
どれも面白かったと同時に、嗚呼、もうそろそろ劇場で演劇を観たいな~、とも思ったし、彼らもそんなことを言っていたような気がしている。

音楽

6月に入って職場での仕事も始まったので、新しい曲を聞く機会は減ったのだが、4月からSNSでフォロイーさんが薦めていたアニメ波よ聞いてくれに地味にハマって、OPのtacica『aranami』、EDの遥海『Pride』をよく聞いていた。

tacica 『aranami』MUSIC VIDEO (先行配信中 TVアニメ『波よ聞いてくれ』OPテーマ)

遥海 -『Pride』 MUSIC VIDEO
波よ聞いてくれ”札幌が舞台””ラジオ局が舞台”というこの二重のものが札幌で生まれ、小学生時代を過ごし、その時によくお世話になったのがラジオで、ハンドルネームにもするくらいな自分にとってはピッタリハマる要素しかなかった。
加えて、主人公が呑兵衛であったり、現実と虚構の境目を曖昧にしたりと面白い作風も大変気に入った。幕切れがやや突然過ぎた気もしたのでもっと長く観ていたかったなとも思う。
Podcastもこの時期くらいまでちょこちょこ聞いていたがラジオというのはほぼ全く聞かなくなってたので、また時間見つけて聞いてみようかなとも思い始めたのであった。

旅行

この月は行っていない。

プライベート

職場での仕事が始まったと同時に、新人の頃からずっといた後輩の転勤が決まった。
これでまた自分は転勤は免れたことになるが、いよいよいつかは来るんだなというのが現実味を帯びてきたとも言える。
入社してからずっと頼りない後輩で、転勤先でも苦労してる話を耳にはしてるが、いるとやや心が落ち着くし一番話しやすいというのもあって、ちょっと寂しさもある。


休みの日に配信で映画や演劇を観ている以外に何をしていたか思い出してみると、初めましての人と吞んだその日に潰れるということを久々にやっていた。
その後何をしたかはここでも詳細を省くが、まあやるこたあやってるな自分、という感じだ。

カロリー管理も運動もちゃんとやり始めて節酒もしてたので久々に羽目を外したくなったというのもある。
勿論そのあとから立て直して、以後19日禁酒している。
5月に一時期70kgに迫っていたことを考えると、更に体重・体脂肪率が減ってき始めているのがグラフでよくわかる。